「がん」の種類によって補償内容の違うがん保険

「がん」は怖い病気であるというイメージを多くの方は持っているでしょう。しかし、がんには大きく分けて二つの種類があります。
「上皮内新生物」と「悪性新生物」という言葉を聞いたことのある方はいるでしょうか。また、その違いについて知っている方はどのくらいいらっしゃるのでしょう。

この二つには大きな違いがあり、がん保険によっては保証のあるものと保証されないものがあるので注意しなければなりません。
二つの「がん」の違いについて説明していきます。

「上皮内新生物」とは、粘膜の層である上皮内にできる「がん」のことです。基底膜以降の組織に広がっていない状態であり、この状態の時にきちんと治療をすれば転移や再発の確率はかなり低いといわれています。
しかし、この「がん」を放っておいてしまうと進行してしまうことになりかねませんので、やはり早期に発見し治療を行うことが大切となります。

「悪性新生物」とは、一般的によく知られている悪性の「がん」のことです。基底膜からさらに他の組織にまで広がってしまっている状態のものを指します。
この「がん」を発見した場合、がん細胞がリンパ液や血液の流れにのって他の臓器へと転移してしまっている可能性もあります。

このように、この二つには違いがあり、保険会社の保証内容や診断給付金や手術給付金が同等の扱いでないことが多いので、がん保険の加入を検討しているのであれば、しっかりと確かめておくことをおすすめします。